オープン化したLINE@、運用担当者は鍛錬が必要?活用時に必ず注意すベき1つの落とし穴

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 WEB / アプリ , , , ,

Pocket
LINEで送る

オープン化したLINE@、活用時に注意すべき事とは?

lineat_ogp (1)

LINE@の一般向けオープン化

先日、LINE@が一般ユーザ向けのオープン化を発表し大きな話題となりましたね。世界中で法人・個人を問わず、しかも無料で対外的なコミュニケーションやビジネス用途の為に利用できます。普段使っているLINEアプリとは別で、少しTwitterに似たような使い方ができる感じです。
具体例をあげると、個人ブロガーやメディアの記事配信、飲食店の店舗誘導、ブランド強化、キャンペーン告知など様々なシーンで使えそうです。他にも個人的には、降雪時に授業があるか否か、みたいな連絡を学校側が生徒に一斉通知とかできたらめちゃ便利だろうな、なんて想像もしてました。

他にも色々と妄想は膨らんだのですが、まとめるとLINE@凄いなコレ!と感じました。FacebookやTwitterを代替していくようなマーケティング・ブランディングツールになるのではないかなーと。詳しくはLINE社のリリース記事を見てもらえればと思います。

公開型アカウント「LINE@」をグローバルでオープン化 法人・個人問わず、月額無料でLINE

ブロガー narumi さんとちょっぴり盛り上がったお話

LINE@ってどんだけ便利なのか、どんな感じで使われているのかという部分をミニリサーチする事にしました。そこで、以前からTwitterでフォローしていた著名個人ブロガーのnarumi(Blog@narumi)さんがLINE@アカウントを開設したというので友達追加してみました。最初は何を送っても、あらかじめ決めてあるブログ記事が返ってくる”自動返信設定”をしていたようです。何を送ってランダム回答なのでちょっぴり寂しい。

10590009_10153182282271108_387511174_n
が、ある日から、個々人に対して本人が回答する、いわゆる”手動返信”に設定したそう。そこで、LINE@について “メディア配信” という観点から話を聞いてみることにしました。

LINE@の運用担当には鍛錬が求められる?

961586_10153182294121108_1465867673_n

上記写真の通り質問をしたところ、

「スマホ特化かつプッシュ通知があるので超強力!」
「だけどそのぶん責任を感じちゃってメッセージが送りにくい!」
「他のSNSよりも運用には鍛錬が求められる!」

といった回答を頂きました。う〜ん、これは興味深い。確かにFacebookやTwitterとは違ってスマホに特化した形でプッシュ通知という武器があるのは非常に強力。更には、FacebookやTwitterのようなタイムライン形式ではなく、トークとして表示されるので受け手の興味をガッツリ引くことができます。FacebookやTwitterだと流れちゃって見逃してる情報も多いですからね。

では一体「運用担当者の鍛錬が求められる」というのはどういう事なのでしょう?

11063363_10153182294116108_950312164_n

「どうでもいい内容をたくさん送るとブロックされますよ」
「プッシュだとその辺のバランスが難しいですね」
「一回ブロックするとまず復活はしないですよ」

なるほど。上記したようにFacebookやTwitterとは違ってLINEアプリはトーク形式です。LINE@アカウントから配信された内容は友達や家族とのトーク同様、LINEのトークとして表示されます。つまり、そこは受け手にとってかなりプライベートかつ利用頻度が超絶高いところ。そこに”どうでもいい内容” “不快な内容” が送られてきたら、そりゃあウザがられます。そして、ウザがられた末にブロックまでされちゃうともう復活はほぼ見込めない。

11039721_10153182294141108_240034276_n
Twitterでも、フォローしてる人のツイートがうっとうしかったり、どうでも良かったり、微妙な感じがしたらすぐにフォロー外しますよね。LINE@ではそのフォロー外し的行為がかなりされやすくなる、ということです。

LINE@まわりが盛り上がる

“フォローはずし” がされ易い、という欠点があるとはいえ、LINE@はやはり素晴らしいマーケティングツールだと思います。Facebookを使ったソーシャルメディアマーケティングが流行ったように、次はLINE@マーケティングが一つの大きな流れになるかもしれません。LINE@マーケ代行サービスが出たり、LINE@に関する書籍が増えたりとか。LINE@まわりのビジネスは今後どんどん盛り上がりそうですね。

まとめ

・LINE@まわりの仕事が超増えそう。書籍も増えそう。

・LINE@の運用には鍛錬が必要。「ウザイ」のレッテルを貼られないように慎重な運用を心がける。

 

最後に、Kabocha.meもLINE@を作ったので、是非登録してみてください^_^
Add Friend

Pocket
LINEで送る

kabocha_ad_03

関連記事

Uber創業者も参画。新アプリ”Reserve”はレストラン予約のUberとなれるか。

Uber創業者も参画、話題のレストラン予約アプリ「Reserve」 2014年10

記事を読む

日本でも続々登場!国産のAirbnb型ウェブサービス8選!

昨今、「物や人の空きリソース」を活用した新しいネットビジネスが非常に盛り上がっています。 "空

記事を読む

飛ぶ鳥を落とす勢いのFacebook、会社としての強みはこの3つにあると思う

大学の経営学の授業にて、関心のある企業を一つ選びその競争力の源泉を探れ、というレポート課題が出されま

記事を読む

TwitterのCuratorを使ってみたら結構クールだった。

A Collection on Twitter 表示カッコよくない!?

記事を読む

数多くあるニュースアプリの中でLINE NEWSとNewsPicksの組合せが最強な理由

LINE NEWSとNewsPicksが最強の組合せである理由 言うまでもありませんが、電

記事を読む

kabocha_ad_03

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

kabocha_ad_03

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑